大阪の美容外科の求人に興味を持っています

夫婦が欲しい、看護師と家庭との両立は難しいという現状

美容外科 求人 大阪 / 大阪府の美容求人・転職

夫婦が欲しい、看護師と家庭との両立は難しいという現状転職決意!生死に関わる看護師に疲れました

小さい頃に入院した経験があり、その時に優しくしてくれた看護師さんに憧れの気持ちを持っていました。
高校を卒業した後は、迷わずに地元の自治体が経営をしている看護学校に進学して、無事に看護師資格を取得することができました。
自治体が運営している学校だったこともあり、学費は私立と比べると安かったのですが、一人暮らしをしていたので奨学金を取得していました。
その学校では、卒業してから系列の市民病院に就職をして一定の期間、働くことによって奨学金の返済が免除されます。
そのため何の迷いもなく系列の病院に就職しましたが、研修を受けた病院だということもあって慣れた部分があり、楽しく働いていました。
病棟勤務になったので交代で働くことになるため、時間が不規則になってしまいますが、それも慣れてしまうと特につらいと感じることはありませんでした。
ただ20代の頃は交代勤務でも問題はありませんでしたが、30代になって結婚をすると、もっと夫婦としての時間をゆっくり過ごしたいと考えるようになりました。
友達の多くが結婚して子育てをしているのに、自分は結婚しても仕事中心の生活になっているので、このままでいいのかと考えることが何度もあったからです。
旦那とも話し合って、そろそろ子どもも欲しいということになったので、仕事をセーブすることを考えるようになりました。
しかし病院では人員不足で、自分が欠けてしまうと他の人が変わりにシフトに入らなければなりません。
自分も他のスタッフが急な用事で休まなければならなかったときに、急に呼び出されたり、延長して働いたりすることがあったので、大変だということはわかっていました。
中途半端に休んで、職場の雰囲気が悪くなるよりも、思い切って退職して新しい人員を入れてもらったほうがいいのではないかと考えました。